九州あちこち歴史散歩★佐賀城下ひなまつり2012(3)創作人形          サイトマップ

佐賀城下ひなまつり2012(3)創作人形

  「旧古賀銀行」では2階で創作人形の展示が行われていました。
 各地のひな祭りでは江戸時代や明治、大正、昭和などの伝統的な雛人形の展示が多く、それももちろん楽しいのですが、ここではすばらしい創作人形に出会うことができました。
 1階の「ほのぼの人形」も楽しい人形でしたが、2階ではこどもをテーマにした「縮緬(ちりめん)人形」と、かわいい女雛の「和紙雛」がそれぞれの部屋に並んでいました。
 なんとかわいい人形でしょうか。




「鹿島の面浮立(母ヶ浦)」(鹿島市の重要無形民俗文化財)
 表情や姿勢が子どものひたむきさや純真さをよく表現しています。
 子どもを本当に好きでないとできない表現のように感じます。




「仁比山神社の御田舞」(県の重要無形民俗文化財)



「嬉野茶、露天風呂」
 「あー、極楽、極楽」という声が聞こえてきそうです。




「武雄の荒踊り」(国の重要無形民俗文化財)
 凛々しいですね。縮緬でよくこれだけの表情が表現できるものです。




「卑弥呼(吉野ヶ里遺跡)」
 佐賀県は背振山脈の南麓の広大な平地を擁し、古代より開けており、邪馬台国の比定地が吉野ヶ里を始めとして何か所もあります。



「有田のろくろ、絵付け」
 有田焼作陶の1シーンです。




「小城太鼓」
 人形で表現している佐賀県内のお祭りのシーンを見ると、早くお祭りに行って見たくなります。




「多久聖廟(孔子廟)の祭典行事「釈菜(せきさい)の舞」」(国の重要文化財)




「千代田の高志狂言」(県の重要無形民俗文化財)




「佐賀の恵比須さん」(日本一の数 808体)
 佐賀市内の街角には江戸時代の恵比須さんがたくさん残っています。




「白髭神社の田楽」(国の重要無形民俗文化財)




「唐津くんち」(国の重要無形民俗文化財)
 唐津くんちは九州でも有数の豪華絢爛な祭りです。




「小森田女浮立(神埼市の冠者神社の祭礼)」
 天衝舞と笛の役を除き他の全てを幼児から60歳代までの女性で行う浮立です。




「諸富、三重の獅子舞」(県の重要無形民俗文化財)




「伊万里トンテントン(伊万里神社の御神幸祭)
 トンテントンの競り合いはまだ中止になっているようですが、危険防止策を講じた上で、一日も早くトンテントンの伝統が復活することを期待しています。






 こんなにかわいい人形を作れる人はよほど繊細な心と子ども(ひと)への愛情が深いのでしょうね。
 前ページの「ほのぼの人形」を作っているのはお姉さんで、お姉さんはおじいちゃんやおばあちゃんが大好きで、妹の江頭さんは子どもが大好きだそうです。



「赤ちゃん雛」
 何とかわいい赤ちゃんたちでしょう。特に最前列の五人囃子(?)の表情がいいですね。
 ちりめんの布でよくもこれだけ繊細な表情が表現できるもんだなあ、と感心します。



「さがん(佐賀の)幼稚園のひな祭り」
 3才前後の女の子のひな祭りのようです。みんながはしゃぎまわる元気な声が聞こえてきそうです。子どもたちの動作もかわいくて、かつ自然で眺めているうちに全員が動き出しそうです。



「さがん(佐賀の)幼稚園のひな祭り」
 こちらは5歳前後の年長さんたち(?)がきれいな衣裳をつけて桃の節句のひな祭りです。

 これらのひな祭りの作品も江頭さんの作品です。



 こちらの部屋は「和紙雛」が展示されています。



「和紙雛」
 すべて紙で作られています。
 着物の柄もいろいろあって楽しいですね。



 高さ10センチくらいの人形がたくさん並んでいます。



 こちらはすべて白い衣裳の和紙雛です。



 たくさんの雛人形が並んでいます。



 男雛はおらず、すべてかわいい女雛ばかりですね。




 あちこちに紙で作った飾りが置いてあります。




「和紙雛」の作者の江口さんはペーパークラフトの名人だったようです。
「根気良く続けているだけです」と言われていましたが、それにも増して色や形のセンスがすばらしいのでしょうね。




 展示室の入口に高さ40センチくらいの絢爛たる有田焼の壷が置いてある、とずっと私は思っていたのですが、なんとこれが江口さんが紙で作った壷で、しかも紙はすべてタバコの空き箱を使っているのだそうです。
 この色彩のセンスと根気はさすがですね。「ほー」と言って後は言葉も出ませんでした。



 細かなところまですべて和紙で表現されています。
 頭の梅の飾りもすばらしい。



 こちらのお雛さまも揃いの紙飾りです。

「佐賀城下ひなまつり」の創作人形は「ほのぼの人形」「縮緬人形」「和紙人形」のどれもすばらしく、心から楽しむことができました。



   

    ◆このページの先頭に戻る ◆前のページ
    ◆トップページに戻る