九州あちこち歴史散歩★長崎くんち2013(1)川船(船大工町)          サイトマップ

長崎くんち2013(1)川船(船大工町)

   今年、10月7、8、9日の長崎くんちは次の六つの踊り町が出し物を演じました。
  ◎桶屋町  本踊り
  ◎船大工町 川船
  ◎万屋町  鯨の潮吹き
  ◎栄町   阿蘭陀万歳
  ◎本石灰町 御朱印船
  ◎丸山町  本踊り

 今年は台風24号が九州に接近中で、残念ながら8日は雨が予想されたので、前日
(まえび)の7日に見物に出かけました。

  「川船」の庭先回りのようすは 川船庭先回り音声 をお聞きください。(mp3、3分46秒)
    (県庁における庭先回り「網打ち・船回し」のようすです。)



長崎くんち2013の「川船」(船大工町)

 県庁の庭に舟大工町の川船が登場しました。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)

 全員整列して挨拶です。整然と並んだ姿が美しいですね。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の長采

 長采(ながざい、総指揮者)の一振りで、4人の采振り、根曳(ねびき)衆が一糸乱れず動きます。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の網打ち船頭

 網打ち船頭の演技が始まります。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の網打ちの演技

 お囃子に合わせ根曳衆が掛け声をかける中、船頭が投げ網を打ちました。魚は獲れるでしょうか。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の網打ちの演技

 なんと見事!! 網は丸く広がり、魚を完璧に取り巻きました。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の網打ちの演技

 漁は大漁でした。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の船回しの演技

 川船の演技が始まりました。
 県庁の庭のライオンにも気迫で負けていません。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の船回しの演技

 前進、後退に続いて船回しが始まりました。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の船回しの演技

 車輪をぎーぎーときしませながら2トンの川船を横に回すのは、なんとも力を必要とする演技です。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の船回しの演技

 采振りの采の動きに合わせ、右に左に回ります。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の船回しの演技

 船回しの最中もずっと子供たちによるお囃子の演奏は続いています。


長崎くんち2013の「川船」(船大工町)の船回しの演技

 力技の連続です。




長崎くんち2013の船大工町の傘鉾

船大工町の傘鉾
 この町の傘鉾には屋根の周囲に別珍などで覆われた輪がありません。傘鉾の中で唯一だそうです。
 飾りは桧板葺き屋根の上に上棟式具で、二本の鏑矢を紅白の縮緬でくくってあります。
 中央の三つ巴の金紋がついた木槌には「船大工町」の文字がありますが、これは小曽根乾堂の書だそうです。小曽根乾堂は昨年の「龍馬」によく登場しましたね。長崎の商人で、龍馬など維新の志士たちを援助した傑物です。
 去年の長崎くんちの合間に風頭公園の龍馬像を訪ねたときに、近藤長次郎の墓がある小曽根家の墓もお参りさせてもらいました。
 さすがに長崎はあらゆるところに歴史が顔をのぞかせる町ですね。

 垂(たれ)は金襴織り出し、牡丹唐草の地紋に鳳凰と五爪の龍の模様だそうですが、四爪や三爪の龍はよく見かけますが五爪の龍は珍しいですね。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の囃子方の子供たち

 お囃子の子供たちもがんばっています。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の飾り

 舟大工町の川船の飾りは紅葉に白菊です。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の演技

 JR長崎駅「かごめ広場」で川船の演技が始まりました。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の網打ち船頭さん

網打ち船頭
 体の入れ墨を見ると「邪馬台国」を思い出します。

 大昔の邪馬台国の時代、魚を獲る民は入れ墨をしていたようです。
 魏志倭人伝に曰く、
「男子は大小となく、皆黥面(げいめん)文身(ぶんしん)す。今倭の水人、好んで沈没して魚蛤(ぎょこう)を捕え、文身し、また以て大魚・水禽(すいきん)を厭(はら)う。後やや以て飾りとなす。」
(男子は身分の大小にかかわらず、皆、顔と体に入れ墨をしている。今、倭の漁民は、よく水にもぐって魚や貝を獲り、入れ墨をして大魚・水禽からの被害をよけている。今では飾りとなっている。)
 
 このような風習を持っていた海の民は南方から来たのでしょうね。
 邪馬台国ははたしてどこにあったのでしょうか。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の網打ちの演技

 網打ち船頭の投げ網の腕はすばらしく、ここでも大漁でした。
 観客はやんやの喝采です。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の船回しの演技

 駅の広場で船回しの演技が始まりました。
 根曳衆の気迫が伝わってきます。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の船回しの演技

 船回しが始まりました。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の船回しの演技

 車輪をきしませながら全力で左に回っています。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の船回しの演技

 左の根曳衆は、船が勢いよく回るため、体が宙を飛んでいます。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の船回しの演技

 「モッテコーイ」の声に応え、全力の船回しが続きます。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の船回しの演技

 なんとも力強い演技です。


長崎くんち2013の川船(船大工町)の船回しの演技

 観客の応援に数回の演技で応え、船大工町の川船は去っていきました。



    ◆このページの先頭に戻る ◆次のページ
    ◆トップページに戻る