九州あちこち歴史散歩★博多祇園山笠2010・飾り山笠(1)中洲流・千代流・東流           サイトマップ

博多祇園山笠2010・飾り山笠(1)中洲流・千代流・東流

   7月1日、博多祇園山笠が始まり、市内14箇所で飾り山笠(かざりやま)が公開されました。
 私は博多地区のいくつかの飾り山笠を見に出かけましたが、どれも迫力のある飾りで、見物客もひっきりなしに訪れていました。
 博多はこれから15日まで祭り一色になっていきます。

ここには次の飾り山笠を紹介します。
 ◎一番山笠 中洲流・・表「合戦宇治橋攻防」 見送り「老公薩摩霽濡衣(さつまのぬれぎぬをはらす)
 ◎三番山笠 千代流・・表「水滸伝」 見送り「宝来船博多之賑
(にぎわい)
 ◎七番山笠 東流・・・表「維新龍馬伝」 見送り「一世風靡
(ふうび)音二郎」

 写真は近くから撮ったもののほうが迫力を感じましたので、やや見上げた角度になっています。
(飾り山笠の前に置かれた見物用の椅子に座って見る角度です。)

 飾り山笠の公開場所などの詳しい内容については博多祇園山笠公式サイトをご覧ください。



一番山笠 中洲流・・表「合戦宇治橋攻防」 見送り「老公薩摩霽濡衣


 表「合戦宇治橋攻防」(かっせんうじばしのこうぼう)






 見送り「老公薩摩霽濡衣」(ろうこうさつまのぬれぎぬをはらす)






三番山笠 千代流・・表「水滸伝」 見送り「宝来船博多之賑」


 表「水滸伝」(すいこでん)










 見送り「宝来船博多之賑」(ほうらいぶねはかたのにぎわい)








七番山笠 東流・・表「維新龍馬伝」 見送り「一世風靡音二郎」


 表「維新龍馬伝」(いしんりょうまでん)






 見送り「一世風靡音二郎」(いっせいふうびおとじろう)







 福岡出身の川上音二郎の銅像が川端商店街の入口に設置されています。
 明治の自由民権運動に大いに貢献しました。


 川上音二郎の「オッペケペー節」の一節です。
 明治維新後の世の中に、国民が持つ権利の思想を広めました。


どんぐり人形「博多祇園山笠」
 川端商店街では、すでにどんぐり流の舁き山が走っていました。


 山笠にゆかりのある東長寺の境内にある子供地蔵も、今年当番の中洲流の法被を着せてもらっていました。心優しい人がおられるのですね。
 この子どもたちも山笠の「赤てのごい」のおっちゃんに教えてもらいながら、子ども山笠の舁き方を毎日練習していることでしょう。あるいは、大人の舁き山笠の前を走る先走りの練習を繰り返しているかもしれません。




   

    ◆このページの先頭に戻る  ◆次のページ「飾り山笠(2)
    ◆トップページに戻る