九州あちこち歴史散歩★日南海岸「道の駅なんごう」                     サイトマップ

日南海岸「道の駅なんごう」

  日南海岸にある「道の駅なんごう」は日南海岸国定公園にあり、いつ行っても青い空、青い海、大小の島々が迎えてくれます。(日南市南郷町、国道448号線沿い)
目の前に広がる景色が美しく、またうしろの山全体が植物園になっていて亜熱帯植物めぐりを楽しむことができます。(山といっても高さ数十メートルの小さな山です。)
マンゴウソフトクリームが人気です。
(国道沿いに駐車場があります。)

山の上には「トロピカルドーム」(亜熱帯植物の大温室、無料、宮崎県総合農業試験場の施設)があり、珍しい花などを見ることができます。
(山の上に駐車場があります。)

山の中腹には10年前にジャカランダの森が作られ、温暖な日南海岸の気候のもとで200本のジャカランダが育っています。5月下旬〜6月頃(満開は例年だと6月10日ごろ)、青紫色の多数の花をつけます。
最近、人気上昇の花ですね。
(山の中腹に駐車場があります。下からも遊歩道を歩いていけます。)
  
  施設の詳細については 「道の駅なんごうの公式ホームページ に掲載されています。



道の駅なんごう前の景色

青い空、青い海、大小の島々が目の前に広がっています。
(「道の駅なんごう」ウッドテラスからの眺め。)



海沿いの道、ロードパーク




目の前に浮かぶ島々

遊覧船が島々を巡っています。



四連アーチのベンガルヤハズカズラの花

道の駅入口の四連アーチのベンガルヤハズカズラの花(7月撮影)



山の斜面に咲く赤い花

赤い花が咲いていました。(7月)



大堂津海水浴場

大堂津海水浴場。(「道の駅なんごう」から車で数分)
このあたりの海はまるでプライベートビーチです。
ほとんど人のいない砂浜で青い海を心いくまで眺めることができます。
(日中の暑さももちろん亜熱帯ですが、大都市の蒸し暑さよりも過ごしやすいかと思います。)




大堂津海水浴場

         砂浜にはフェニックスが並び、南国ムードに溢れています。



大堂津海水浴場とフェニックス

大堂津海水浴場。
7月下旬なのに人の姿がほとんどありませんでした。

(以上の写真は7月撮影したものです。)





正面の眺望

「道の駅なんごう」からの眺め

(これ以降の写真は12月に撮影したものです。)



12月でも青い空、青い海が迎えてくれる

いつ見ても、青い空、青い海に心が癒されます。



美しい日南海岸が続く




日南海岸




シダ類が密生したフェニックス

フェニックス
南国らしく太い幹はシダに覆われています。



いかにも亜熱帯植物らしい姿形です

いかにも亜熱帯植物らしい姿形です。



山の中腹からの海の眺め




フェニックスの幹のシマ模様

幹の模様が美しい。



亜熱帯植物の中をウッドウォーク(木の階段)が続く

山の上の方までいくつかのルートの木の階段が設置してあり、亜熱帯植物を見ることができます。



極楽鳥花のエリア

ここは「極楽鳥花」のエリアです。



紫色の美しいブーゲンビレア

「ブーゲンビレア」が咲いていました。これは色合いが紫色で、なんともいえない美しさでした。

日南海岸はいつ行っても、青い空、青い海が迎えてくれます。


   

    ◆このページの先頭に戻る
    ◆トップページに戻る